0

BUFFALOメディアプレーヤー DTV-X900、LT-H90DTV修理

電源が入らなくなったBUFFALOのメディアプレーヤー DTV-X900 2台と、LT-H90DTVを修理しました。

 

このデジタルチューナ機器は結構高温になり、25度の室温でもケース天面の温度が50度程度まで上がってしまいます。

密閉されたオーディオラックなどに置いた場合は、さらに高温になることは間違い無いでしょう。

 

一度に3台が壊れたということで、今回修理ご依頼いただきましたが、3台を重ねたり、風通しの悪いラックに置いた場合には、かなりの高温になることが予想されますので、そのような置き方をすると、短期間に壊れてしまう可能性が高いです。

 

 

 

弊社では、HDDのコピーを取ったりする際に高温にならないようにするため、USBの扇風機を使用していますが、気温が高い夏の季節は、このようなファンを使うのが良いかもしれません。

 

 

今回は、3台とも基板の部品(ヒューズ、FET、ダイオード、電解コンデンサ)交換で修理が完了出来ました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.