0

富士通FMV5100FA4 電源ユニット修理

富士通の工業用パソコンの電源故障という事で、修理お預かりいたしました。

電源ユニットは製造元がFuji Electoric社製で、LA01950-0072という型番が書かれています。
症状は、一切動かないという事でした。

内部を確認してみました。故障の原因は、ファンの軸の固着による内部の冷却不足のようです。
ファンはミネベア製の良くあるタイプだったので、モリブデングリスと潤滑油を軸部分に注油してメンテナンスし、12VのACアダプタを使って直接電圧をかけてしばらく回転させて軸に油をなじませて異音もなく回るようになりました。

基板の電解コンデンサは、念のため全て交換しましたが・・・。
さてどうやって動作確認をしようかとしばらく考え込みました。

普通のAT電源ではなく、コネクタが特殊な形状で、良くある緑色のPS-ONの配線が見当たりません。PS-ONがあれば、それをGNDとショートさせれば電源ユニットの電源が入るのですが、今回の電源回路をよく見てもPS-ONはありませんでした。

テスターで出力を確認すると、4ピンの端子に2本だけ5V程度の出力がありました。

そのうち、1本をたどって基板のシルク印刷で確認すると、RCと印刷してあります。
RCとは、リモートコントロールという意味で、外部操作にて電源のオン-オフがコントロールできるという意味です。

念のため、電源回路をよくよく調べてみると間違いなくリモートコントロールの回路のようです。

もう間違いありません。300オームの抵抗を差し込むと、無事電源ユニットの電源が入り、冷却ファンが回りだして出力電圧の5Vや12Vが出力されるようになりました。

しばらくこのまま通電させて、1時間位問題ないようでしたら、ご返却となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.