1

液晶バックライト交換修理

液晶バックライトが消えてしまったり、点灯しないということで、IBM ThinkPad T42の修理依頼がありました。

動作確認を行うと、起動時に赤く表示されていて、しばらくすると通常の色合いに戻るのですが、5分程度でバックライトが消えてしまいました。
バックライト蛍光管の劣化が原因です。

液晶パネルを取り出して、慎重にバックライトの冷陰極管を取り外します。
弊社では、207mmから336mmまで5~6mmごとに在庫を持っております。

ちょうどの長さの冷陰極管に交換し、テスト用のインバータで点灯を確認してから、元通りに組み立てます。
組み込み後、Windowsを起動させて正常点灯を確認。
念のため1~2時間程度連続点灯させて、問題ないことを確認し、梱包してご返送です。

バックライトの修理は通常到着から1~2日で修理完了します。

One thought on “液晶バックライト交換修理

  1. はじめまして。ThinkPad 42 15インチ の液晶が黄ばんでいます。CCFLの劣化かと思いますがいかがでしょうか?インバーターの交換も必要でしょう。見積もりも合わせていただければありがたいです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.