0

Windowsアップグレード・更新作業 受け付けます

WindowsXPのサポートが終了致しました。

 

セキュリティの問題から、OSをWindows7、Windows8へ更新するようにMicrosoft社やプロバイダ、PCメーカーは呼びかけております。

 

パソコンを買い替えるほど使いこなしていないし・・・。たまに使う程度なんだけど・・・。そのまま使うのは・・・。と心配されている場合は、WindowsXPのパソコンにWindows7やWindows8などのOS(オーエス)だけを入れ替える方法があります。

パソコンの性能によってはWindows8が入っても快適に動作しないケースもあります。

一つの目安として、2006年頃に販売されていたCeleron D(セレロン ディー)、Pentium4、PentiumD、CeleronM、PentiumM、CoreSolo、CoreDuoあたりですと問題無くインストールが可能です。一部32ビット版しか入れられません。

 

 

Windows7とWindows8のシステム要件

32 ビット版
64 ビット版
プロセッサー
1 GHz 以上 但し、PAE (物理アドレス拡張)、NX (XD)、SSE2 をサポートしていること *1.
メモリ
1 GB 以上
2 GB 以上
グラフィック
WDDM 対応ドライバが提供されている DirectX 9.0 以上の GPU
HDD 容量
16 GB 以上
20 GB 以上

 

 

*1. Pentium4 以前のCPUの場合はこれらをサポートしていない場合があります。

 

古いパソコンでは、マザーボードのメモリの制約などもあり、32ビット版がトラブルも少なくて良いようです。

 

 

Windows7とWindows8どちらを使ったら良いのか迷う場合は、その決定的な違いを理解する必要があります。

①Windows8はタッチパッドに対応しました。

②Windows8はストアからダウンロードしたアプリが使えます。

③Windows8は従来のスタートメニューがありません。

 

以上のことから仕事で使うだけという人はWindows7の方が良さそうです。

 

 

 

 

WindowsXPのパソコンにWindows7やWindows8を入れる方法は?

まずは、WindowsXPで保存していたデータをバックアップしましょう。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/guide/upgrade08.aspx#main

こちらのサイトが参考になります。

 

 

 

バックアップが終わったら、Windows7やWindows8のインストールDVDからOSのインストールを開始します。

WindowsXPからの場合は、設定などを引き継ぐアップグレードインストールは出来ませんので、新規インストールとなります。

WindowsXPを消して新しいWindowsを入れるようになります。

 

OSを入れ終わったら、デバイスドライバをインストールします。サウンドドライバ、ディスプレイドライバ、などです。これらをインストールしないと音が鳴らなかったり、画面の表示がおかしくなります。

これらのドライバーファイルは、パソコンメーカーのホームページや、各種デバイスの販売元がインターネットのホームページで配布しています。

 

その後、プリンターなど周辺機器のドライバーをインストールして、メールソフト(WindowsLiveメールなど)のインストールと設定を行って、無事新しいWindowsを使うことが出来るようになります。

 

 

 

弊社では、OSアップグレードのサービスも行っております。

お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.