0

PowerMacG4電源ランプが一瞬点灯して消える

PowerMacG4 M8570 という少々古いパソコンですが、電源ボタンを押すと一瞬だけ電源ランプが点灯して消えてしまい、画面は真っ暗なまま電源が入らないという症状です。

 

PowerMacG4分解

 

まずは、サイドのパネルを開けて内部を確認。

コンデンサの膨れはなさそうです。

 

PowerMacG4分解2

 

この機種は、電源ユニットの不良が多いので、電源ユニットを疑って電源ユニットの取り出し作業を行います。

DVDドライブとHDDを取り外して、ロジックボードへの配線を取り外すと電源を取り出すことが出来ます。

 

PowerMacG4分解3

 

電源ユニットは、SAMSUNとACBELL製があるのですが、今回はSAMSUN製のタイプでした。

型番はPSCF401601A(C)となっています。400W電源です。

 

PowerMacG4電源ユニット

 

電源内部を確認すると、コンデンサの膨らみはありませんが、50V-10uF、50V-22uF、35V-56uF、25V-47uFなどなど、小さな容量のコンデンサが容量が半分以下に低下してしまっています。

この機種の壊れ方としては、他にもFETがショートで壊れてヒューズとダイオードブリッジが壊れたりするケースも多いです。

 

PowerMacG4電源ユニット分解

 

部品を交換して、直ったかどうか仮組みで確認します。

 

PowerMacG4仮組み

 

無事、電源が入るようになったので、内部のホコリを掃除機でクリーニングしながら、元通りに組み込みます。

 

電源装着完了

 

HDDを取り付けての動作チェックです。

 

PowerMacG4起動テスト

 

MacOS9.2が無事起動しました。

 

PowerMacG4 OS起動

 

Macは型番が解りにくくて困ります。

今回修理したパソコンの裏面にはPowerMacG4 Model No M8570と書かれています。

 

PowerMacG4背面

 

電源ランプも正常に点灯しています。

 

PowerMacG4修理完了

 

ちゃんと直ってよかったです。

直らない時はデータだけでも何とかして欲しいということだったので、無事ソフトも起動出来るようになったし、お客様にも喜んでもらえました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.