0

Pavilion s3520jp 電源ランプがオレンジの点滅となり、全く起動しなくなった

Pavilion s3520jp 電源ユニットPavilion s3520jp hpの小型のデスクトップPCですが、電源ランプがオレンジ点滅となり、その後焦げ臭い匂いと共にランプも点かず全く起動しなくなったということです。

どうやら電源ユニットが壊れたようです。

早速電源ユニットを分解して、基盤を確認すると、ヒューズが飛んでいます。
整流用ダイオードブリッジの先の回路がショートしている状態でした。

回路を追って行くと、FETにショートがあり、400Vのコンデンサの足が解けて切れています。
なにやらすさまじいことが起こっていたようです。

元のFETよりも少し容量の多いFETに交換し、ヒューズと400Vのコンデンサも交換しました。

他に不良が無ければいいのだけれど、と思いながら通電テストをすると正常に出力されるようになりました。
元通りにパソコンに組み込んでマザーボードと接続し、スイッチを入れるとWindowsが正常に起動してくれました。

この機種は、マザーボードのコンデンサも不良が多く、電源ユニットもコンデンサの不良が多い機種ですが、修理可能ですのでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.