0

SOTEC WD311 CMOS Battery Low

WD311起動画面WD311分解写真SOTECのノートパソコンWD311の起動時にCMOS Battery Low というエラーが表示されてしまうということで、CMOS電池の交換修理依頼がありました。

早速分解して電池を取り出します。
簡単に書いていますが、この機種の場合は結構奥の方です。
金属パネルの後ろに隠されていました。

取り出した電池の電圧を確認するとなるほど劣化しています。0Vです。

新品の電池に交換しますが、弊社にあるのは電池だけなのでケーブル端子を半田で付け直します。

元通りに組み立てて、通電。最初はエラーが出ますが、時刻をセットして再起動させると、エラー無しで起動できるようになりました。

時刻が狂ったままでメールを送信すると変な日付で送受信されてしまい、メールが行方不明なんてことにもなりかねませんのでご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.